カキのクリームパスタ

おすすめの業務スーパーの釜揚げパスタ1袋25円を使ったレシピ。

この釜揚げパスタは、ゆでソフトめんで、冷蔵のうどんや焼きそばの麺を販売しているところに陳列されています。

さっとゆでるか、レンジで2分ほど加熱してソースをかけて食べれる品。フィットチーネタイプなのでオイル系のパスタではなくて、濃厚なクリーム系やミートソースに良く合います。

こういうゆでめんタイプのパスタめずらしいので、はじめ買ったときは期待していなかったのですが、これは安いし調理時間短くできるしおいしいのでおすすめ!

カキのクリームパスタ

材料

釜揚げパスタ 3袋

カキ     チューブ入りのもの1袋

あさり    15個

玉ねぎ    半分

好きなキノコや野菜(ひらたけ、キャベツ)

薄力粉    大さじ半分

白ワイン   50ml

水      150ml

牛乳     100ml

生クリーム   50ml

塩こしょう

顆粒コンソメ

アンチョビペースト

 

まずカキを塩水で洗って水気をきって材料以外の薄力粉をつけてこんがり焼く。この時、あまり焼きすぎると縮んで小さくなるので注意!焼いたカキは一度取り出しておく。カキから出た汁も後で入れるといいです。

あとカキのチューブ開ける時どうしていますか?あのパンパンの袋に包丁をいれるとピーッと中の水が飛び散らないですか?

お水を入れたボールの中に切る場所をつけて、そこに包丁を指すと大丈夫です。これ知らなかったの私だけかな…最近知りました(笑)

フライパンを洗わずに少しオリーブオイルを入れて玉ねぎをさっと炒めて薄力粉を入れ炒める。あさりと白ワインを入れてふたをして少し煮て、あさりが開いたら、キノコやキャベツを入れパスタ以外全部入れて、好みでアンチョビペーストのチューブ2㎝ほど入れ野菜に火が通ったら、塩こしょうとコンソメ少し入れて味見する。

味がととのえばパスタとカキを入れてひと煮立ちすれば出来上がり。

生クリームはどんな料理にも使えるけど高いし、賞味期限もあるし買うのが嫌になりますが、安い時に買って冷凍しておけば煮込む料理には問題なく使えるし、写真のように珈琲フレッシュでも牛乳だけで作るよりコクはでるのでいいと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です